蓮沼執太 Shuta Hasunuma / Hello Everything(2012)

旅する本屋

image

Gustav Klimt - Farm Garden with Sunflowers

なにかに近づくためには、なにかそれなりの技量、経歴とかを持っていなければいけないような気がする。

新しいものをひとつ買ったときは、いらないものをひとつ捨てる、これを実行しなければ、部屋も頭の中も飽和して良質なものを大切にできない。

本なんかは簡単に捨てられないし、雑誌も好きで溜まっていく。ポストカードやフライヤー、イラスト類にいたっては収集癖があるから。

あの子の好きな画家。どこかで対話できるような気がして見てしまう。

fallontonight:

Our pals from sesamestreet stopped by to help us read your #WhenIWasAKid tweets!

(sesamestreetから)

いつだって、遅すぎることはない

一体なにがこんなに心をワクワクさせるって、それが何ってはっきりいうことはできないけど、面白かった話は沢山できるし、今日は一日ずーーっと楽しかった。夢中になるって、きっとこういうことだ。広報っていうすごくやりがいある仕事させてもらえて本当に良かったなと思うし、その仕事は割とデスクワーク(基本現場<宿題型)だから今日なんかは特にただのボランティアでお手伝いでしかないんだけれどこのイベントそのもの、それに関わる人達や知らない沢山のこととの出会いに関われることが本当に楽しいんだろうなと思う。

tact/fest 2014 大阪国際児童青少年アートフェスティバル http://www.tact-japan.net/

at Kintetsu Art Museum
toeのジャケ写みたいな写真撮れた(ボキャ貧)

at Kintetsu Art Museum

toeのジャケ写みたいな写真撮れた(ボキャ貧)

京都芸術センターへ行きました。

旧明倫小学校校舎をリノベーションして作られたらしく、レトロな雰囲気の暖かみとアートスペースのシンプルな無機質さが見事にマッチしていて。今まで行ったいろんな建築物の中でもかなり好きな場所になると思われました。それも、

20時まで開いてる図書館(図書室)があったり、色んな美術展、演劇、アートイベント等のチラシが大量に(でも整然と)陳列されてる部屋があったり、奥で個展もやっていたし素敵な喫茶もあったし、芝生のグラウンドにあるベンチにはゆっくりしてる人もいたりと
とにかくゆっくり過ごせそうな雰囲気。

ただ訪れた日は時間がなかったので、また改めて、校内の写真も沢山撮ったりしたいなー。

.

その元音楽室で、コンテンポラリーダンスで活躍されている方のの稽古を見学してお話も色々聞いたんですがいろいろ考えさせられました。

ダンスを型枠どおり習うんじゃなくて、即興で踊って身体の素直な動きを追求して芸術性を高めるということ。
また、ダンスとノンバーバルな演劇の境界もあいまい。絶対的なヒエラルキーが嫌になった、っておっしゃっておられたけれど、さすがコンテンポラリー、ってな感じで。

ただ「難解な芸術」がコンテンポラリーアートじゃ意味ないんだよなあ。メッセージを分かり易く明示するのでは感性が育たない、自分で感じ取って自由に解釈して欲しいからその余地を残す、というのがあくまで本質というのにはすごく納得しました。イコールわかりにくい、じゃだめです。


ただ、音楽におけるコンテンポラリーについてはほんとにただ実験的な場合もあるかもしれんですね…。(あまり詳しくないけど)

2 birds, 1 stone and an empty stomach - TTNG
.

とにかくサイコー過ぎるcd
.

夏の思い出とか、色々記すのに紙媒体がひつようだと思ったのでノートを色々買いました。満足。
.

インターンシップに参加して、心を動かされたのは、「何かを享受してきた自分から、何かを人々に与えられる人間になる、その大きな変化のきっかけが就職」という話でした。いつも周りから刺激を受けたり何かもらってばかりで、自分が周りにいい影響を与えたりできるようになりたいと中学くらいからずっと思って来ましたが、難しいもので、それは大人になったら必然になるんだと。そう考えると初めて大人が楽しみになりました。

2 birds, 1 stone and an empty stomach - TTNG
.

とにかくサイコー過ぎるcd
.

夏の思い出とか、色々記すのに紙媒体がひつようだと思ったのでノートを色々買いました。満足。
.

インターンシップに参加して、心を動かされたのは、「何かを享受してきた自分から、何かを人々に与えられる人間になる、その大きな変化のきっかけが就職」という話でした。いつも周りから刺激を受けたり何かもらってばかりで、自分が周りにいい影響を与えたりできるようになりたいと中学くらいからずっと思って来ましたが、難しいもので、それは大人になったら必然になるんだと。そう考えると初めて大人が楽しみになりました。

「ぼくの大きな過ちは愛というものだった。きょうこの日からぼくは愛に近づかないことを誓うーー異性愛、同性愛、両性愛、愛犬、愛猫、愛車、あらゆる種類の愛に近づかない。孤立する者の協会を設立してこの目的に奉仕する。そしてこの印、ぼくの命を奪うところだったガソリンの力で示現したこの印を協会の記章としよう」。

競売ナンバー49の叫び/トマス・ピンチョン p.161

(*面白いなと思ったけど共感したというわけではない。)

cycle

綴のresolution良過ぎ
残響shop大阪であったliner notes、ラス1だったけど買って本当に良かった

たぶん山口さん、ダイゴマンと告知まわってはる人が店長やってはって、綴買った時「もう見れなくなると思うと寂しいですね」って言ってはった

縁あってか無くてか解散したバンドのCDばっか買っている…ムジコムジカも入手できたしキャシーも持ってるし

解散してないにしても、廃盤とかになってるのは(そのCDと)もう会えないっていう悲しさがある

って考えてるとGIZMOのCD手にできたのはほんとうにほんとうに死ぬほど嬉しいことだったのでした

海が待っている

image

1.Nighthawks - Edward Hopper

.

フランス美術についてのレポート書かなくちゃいけないのに絵画色々見てたら楽しくてアメリカ人画家に行き着いてしまった

むしろアメリカ文学のレポートもあるのに全然読んでない…くそ大学生です

.

主に日本の無表情な建築物、都会的な街並みに心惹かれることが多いですがそっち方面の仕事なんて就けないよなと思って写真を見つめるばかりです

ただ最近久しぶりにライブに行ったらとても元気が出ました

京都グロウリーにて、ピアノガールとAge Factoryの2マンでした

「孤独であれ。孤独であれ。孤独であれ。簡単に、人に悲しみを語るな。」

.

今年の夏はもっと絵画的なものに触れられたらいいなと、まだ20代のうちにもっと文化体験をしておきたいなと希望を持つことにしました。もう遅いとかなんとか思うのはやめた。やりたいことはできるうちにできるだけ勉強して、まぁできる範囲で行動しようと。仕事にはならないけど。

.

海の見える白い部屋へいつか行きたい。

.

2.Room by the sea - Edward Hopper

image